FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらない・・でも・・・


『迎えに来るんだったら
  露出たっぷりで迎えに来いっ!』

たった
それだけが
書かれたお手紙でした

けれど
私の心は悦びに
満ち溢れていました

なぜならば・・・
ずっと逢いたくて逢えなくて
思いが募るばかりだったから

「もう諦めなさい・・・。」
刑務官の方の声に心が動かされ始めた日々の
お手紙でした

大丈夫かな・・・?

”・・これで大丈夫かな・・・?”

鏡の中に映る自らの姿に
不安を覚えます

それはよし兄ちゃんの
期待に応えられているのかという不安と
それに相反した人前に肌を晒すことへの不安です

この8年間
私は世間の目を避けて暮らしてきました

8年前の事件・・・

私の存在は名を伏せられましたが
近隣はおろか全国に事件の概要は知れ渡り
父は新工場建設に事寄せて
離れた土地に越してくれたのです

見学する幸絵

女子高に進学し
何事もなかったように私は静かに・・・いえ、
それは”臆病に”という表現のほうが相応しく

女子高であってさえも肌を晒す
恐怖と羞恥心に抗うことはできずに
卒業までの3年間を過ごしました

高校時代のプール授業

私が親元を離れ
東京の大学を選択したのは
それを克服するためだったのですが

灼熱の路上で・・・

真夏でも
厚手のブラウスを着こむ私は
時に嘲笑の的にもなりました

結局のところ
やはり私は人目を気にしたキャンパスライフを過ごし
卒業を迎えました

腋汗沁みる厚手のブラウス

私はそのまま
東京で就職先を得て暮らしました

中村電工の後継者となるためにも
経験を積んだほうが良いと父も承諾してくれました

でも真実は・・・
おばさまとの関係を知ってしまったことが
父との距離を置きたく思った
本当の理由でした

贖罪の手始めに
大学時代を過ごした賃貸マンションを引き払い
安いアパートに引っ越しました

アパート引っ越し先

大手の商社に入社できた私は
給料もできる限り
よし兄ちゃんの貯金に回すように心掛けました

社会人となっても
相変わらず私は眼鏡の奥に隠れて生きていました

仕事は作業と違うんだ・・・

配属先には
当然ながら先輩の男性社員がいました

仕事の相談や
アドバイスに悩んでくれる
親身な姿に
だんだんと普通に笑顔を
見せることができるようになっていきました

失敗もあるけど・・・でもね

入社から一年半が過ぎ
私は直属の上司となった先輩の
アシスタントを務めるようになりました

残業で遅くなりそうなときは
仕事の話をしながら
一緒に食事を済ますようにもなっていました

大きなプロジェクトを終えた
その晩は
街はクリスマスに彩られていました

初めてのデート

仕事の充実感と共に
いつしか男性への恐怖心が遠のいている
自分に気づいていました

”それは
  真島先輩だったから・・・”

そして・・・

「中村さん・・・!」

「えっ・・・?」

不意に呼びかけられ振り向くと
私の頬はふっと
彼の暖かい手で包まれていました

「え・・?
  ま・・真島先輩・・?
   あ・・・あの・・・」

え・・・ま・・真島先輩?

人前ではずっと外したことのなかった眼鏡を
優しく外されました

「あ・・・あの・・・。」

幸絵・・初めてのキス

唇から柔らなかな衝撃が
突き抜け
私の身体は硬直しました

”え・・・あの…あの・・・
  私・・・私キスしてる・・・?”

真島先輩の背中を
抱き返すことも
突き放すこともできないまま

やがて・・・

戸惑い・・・

「ご・・ごめん・・
  俺・・・中村さん・・・ゆ・・幸絵さんが
   辞めてしまうって聞いたから・・・・・・」

間島先輩は
申し訳なさそうにしながらも
誠実な声の張りは湛えたまま

「君のことが本気で好きで・・・どうか結婚を前提に・・」

嬉しいです・・・ほんとに・・・。

「あっ・・あの・・・
  私・・・あの・・・・嬉しかったです・・・
 真島先輩に
  そんな風に言って頂けるなんて・・・
   あの・・・今日の報告書を書かなきゃいけないから・・・」

「いや・・・その資料は・・・」

「お・・おやすみなさいっ・・・」

「あ・・・ゆ、幸絵さんっ!」

”ごめんなさい・・・
  真島先輩・・・
   私・・それ以上聞いたら・・・”

ごめんなさい・・・真島先輩

よし兄ちゃんへ
婚姻届けの手紙を出した頃でした

まだ返事もなく
一緒に暮らせるかも
判らない状態が私を不安定にさせていました

真島先輩・・・なんで・・・

”真島先輩・・・真島先輩・・・
  なんで・・・なんで私なんかを・・・
   好きだなんて・・・”

涙があふれて
止まりませんでした

真島先輩は何もなかったように
退社のその日まで振舞ってくれました

”真島先輩・・・私も・・・
  私もあなたのことが・・・”

信頼以上の
好意を抱いていました
でも・・・

行きます・・・!

使い慣れたジーンズを
露出のために裂きました

恥ずかしさよりも
よし兄ちゃんの笑顔を選びました

玄関を出ると
道端には所々雪がのこっていました

3月初旬の寒気が
露出した肌を刺します

恥ずかしくないわけはありません
けれど学生の頃よりも
少し勇気を持てた自分を感じていました

「まっててね・・・よし兄ちゃん!」

行くね・・・よし兄ちゃん

あれからもう一年・・・

東京の街は
クリスマスのネオンに飾られ始める頃です

「ふふん・・・
  うっ・・・蛆虫女・・・おらぁ・・・こっちだ・・・
    もっと、のっ・・呑み込めっ・・・おらぁっ・・・・!」

この蛆虫女・・・もっと呑み込め・・・
    
突き抜ける青さの初冬の空に
心から敬い申し上げている
愛しい蛆絵生殺加虐自在主様の
低い声が響きます

「おぅっ・・・?
  おらっ・・・もうおしまいかっ?くそ喰い虫?」

「いっ・・・いへっ・・・
  んんん・・・んぐっ、んぐふぅぅっ・・・・!
   ふひぃっ・・・ふひぃっ・・・!」

マゾ豚足に力を込めます・・・

「うっ・・・うぐっ・・・うぇおっ・・・うぐっ・・・!」

絶え間なく続く
激しい嘔吐感の中で

「うぐぅっ・・・」

マゾ豚足に力を込めて
蛆絵折檻竹刀様を呑み込みます・・・

「は・・・はひっ・・・はひぃ・・・」

"ああ・・・
  あと・・・1cm・・・いえ・・あと
   1mmでいいからああ・・・
  呑みたい・・・呑みたいです・・・
   もっと・・・もっと
    マゾにならないと・・・・”

あと1mmでいいから・・・

呑み込むために
マゾ腹をひねって挿入できる余地を探ります

”あぁっ・・・
  頑張って蛆絵っ・・・
    真正マゾ蛆虫になるんでしょっ!?”

あともう少しでいいから…入って

苦しさを求めるのは
醜い蛆絵のマゾ全裸を晒す恥ずかしさを
薄れさせてくれるからでした

”恥ずかしさも
 喜びにしなければいけないのに・・・”

それを誤魔化してしまう
ああ・・・まだ
私は・・・
蛆絵はいつまで経っても
本当に駄目なマゾう〇こ虫です・・・







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

あの時から・・・変わらない・・・

築40年の
木造平屋建て・・・
数年買い手の付かなかった古い家屋です

二人の家

子供の頃からの貯金と
就職してからの僅かな貯金で頭金を払い
残金は月々2万5千円で
15年のローンで返していきます

トイレも
水洗ではないですし

今は汲み取り式・・・仕方ないです。

お台所も、
とても小さなものです

どちらも古くて
あまり綺麗とはいえません

小さなお台所・・・。
                                                                               だた痛みの激しかった畳だけは
無理をして買い替えました

畳だけは新しく。。。

「やっぱりよかった・・・買い替えて・・・
  よし兄ちゃん、喜んでくれるかしら・・・?」

柔らかな日差しが
縁側の窓ガラスから注ぎ
冬の終わりを告げるようです

その光に輝いた畳は
まだ青い井草を仄かに匂わせています

今日の午後には
東京での一人住まいで使っていた家具が届きます
よし兄ちゃんが望まれるものもあったなら
それは残った貯金で揃えます

掃除を終えて
カラカラと音を立てる硝子戸をあけると
冷たい空気が
部屋の中に流れ込んできます

まだ冬の気配・・・。

「まだ・・・
  少し寒いですね・・・。」

この広い縁側とお庭があることが
私がこの家を選んだ理由でした

広い縁側とお庭・・・

「二人で食べられる分くらいの
   お野菜が収穫できるようにしたいな・・・。
 お花もたくさん植えて
   一年中、お花も咲くようにしたいな・・・」

幼い頃どこかでお花が咲くたびに
それが好きな私のために
笑顔でそれを伝えに来てくれたよし兄ちゃん。

疲れたら・・ここに座って・・・

よし兄ちゃんが笑顔で暮らせる場所・・・

”それがきっと
  お義母さまの願い・・・
   そして私の願い・・・”

何も植えられていない殺風景な庭に
そんな想いを馳せます。

”でも・・・”

これが私の願い・・・でも・・・
         
昨日のお墓詣りの時に感じた
不安を思い返しました

あのくずと・・・あのボロ屋で・・・ふふん

「来月の奴の出所のことだろ?」

「は・・はいっ!」

言い当てられて驚く
私を尻目にそのまま続けざまに、

「ふん、で・・・結局、あのクズと
  あのボロ屋に住むのかっ?!」

私はその無情なご質問に胸を詰まらせながら
お答えしました

「お返事は・・
  お返事は頂いてはいませんが
 お迎えに伺うことのお許しは頂けたので・・
  そ、そのまま当分はご一緒に暮らさ・・・。」

いいんじゃねぇの・・・。

「ふん、いいんじゃねぇの・・・。
   お前らが勝手に決めたことだ・・・。」

私の言葉を
最後まで聞くことなく
私が持ってきた
鞄と手桶を受け取ると背中を向けられました

その時でした・・・

勝手にしな・・・。

「まあ・・・本当に
 それがやつが望んでいるんだったらいいけどな・・・。」

背中越しに
私に呟かれました

「え・・・?
  ど・・・どういう事ですか・・・?」

一緒に暮らせくなったお義母様に代わって
よし兄ちゃんの身の回りのお世話をすることに決めた私でした

”確かに・・
  お義母さまも反対されたけど・・・”

けれど、

”よし兄ちゃんに
 幸せになってもらえることが
  私の幸せなんです・・・。”

私は…私の願いは・・・。

”でも、それが・・・
  ・・私の・・・私の一人よがり・・・?”

幼い頃から畏れ見ていた背中が
お義母さまが待つ雑木林の向こうに
隠れていきました

でも・・・でも・・・・・
私・・・
私は・・・私は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「うぐ・・・うぐうっ・・・」

凄まじい嘔吐感で
 涙があふれてきました

も・・・もっと呑めます・・・。

「おっ・・・おらっ
  もっ・・・もっと・・・吞んでみろっ!
    そ・・・それで限界かっ?」

「うぅ・・・うぐっ・・
  いっいぎっ・・・
   ぃぃえっ・・・
     いぃへっ・・・
 もっ・・・もっふぉ・・・
   ぐふっ・・・!」

ズゾ・・
 ズゾゾッ・・・

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様に応えるべく
  ゆっくり 確実に飲み込んでいきます

”あ・・あぐぅ・・・”

い・・・息ができません・・・

”ああ・・
  あがはぁ・・・
 く・・・苦しいです・・・ 
  い・・・息ができない・・・・”

「ひゅ・・ひゅうっ
  ひゅうぅ・・・ぐほっ・・・かはっ・・・。」

「ふん・・
  な・・・なんだ・・・
   もっ・・・もう限界かっ・・・   
    たいしたもんだな・・・
 おっ・・・
  お前の覚悟は・・・?」

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様が
私のふがいなさに嘆かれました

”ああっ・・・だめ
  そんな・・・そんなことでは・・・  
    だめ・・・だめじゃないのマゾ蛆虫なんでしょ?”

思わず
まだマゾになり切れていない
自分を叱咤します

「いっ・・いひぇっ(いっ・・いいえっ)!」

そ・・それだけは嫌・・・!

「うぅっ・・・うんくふぅぅぅっ・・・!」

愛しい・・・
愛しい蛆絵生殺加虐自在主様を
お嘆きにならせることなんて・・・

吐き気に耐えながら
痺れるマゾ太ももに力を込めて
マゾ巨尻を持ち上げます

「おっ・・
  おおっ・・・
    どうしたっ!?
  どうしたっ・・・
   ぐふっ・・・ぐふふっ・・・・」

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様の
ご尊顔がわずかに綻ばされました

”ああっ
  あああ・・・
   が・・頑張らないと・・・”

「おおぅ
  おぐっ・・・おうっ・・うぇっ・・・」

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様の掌に
愛しい折檻竹刀様の
柄を押し付けていきました

ズッ・・・ズズズ・・・

「おらっ・・・こっちだ・・こっち」

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様が繰り出すの掌の方向に
私は身体をねじらせて
付いていきます。

「おらっ・・・ぎゃひっ・・・
   ぎゃひひひっ・・・・。」

身を捩じらす私をご覧になって
愛しい蛆絵生殺加虐自在主様が笑顔を下さいます

”ああ・・ああ喜んで・・・
   喜んで下さってる・・・”

「んぐっ・・・んぐふぅっ・・・
  ひっ・・ひゅうっ・・・ひゅうぅっ・・・」

ああ・・・このままマゾ肛門まで・・・。

”ひぅぅっ
  ひぃっ・・・
   こ・・・このまま・・・
 このまま
  マゾ肛門まで突き抜けられたら
    きっと・・・きっと
 いっ・・愛しい蛆絵生殺加虐自在主様は
   きっと・・・私のことを・・・
     ああ・・・ああ・・・”

けれど・・・
蛆絵のマゾ肛門には外すことのできない
鍵付きアナルプラグ様に塞がれています

愛しい折檻竹刀様が
12日間の宿便を蛆絵のマゾ胃袋を通じて
圧迫されます

自由に排便できない
惨めに固まった
蛆絵のマゾう〇この感触を
愛しい折檻竹刀様の先端で感じて戴けたなら

またきっとそれで
笑顔を下さるはずです・・・

けれど・・・
けれど・・・今・・・

”ああ今お尻を・・・
  蛆絵のマゾ巨尻を今・・・
    思い切り叩いて頂ければ・・・
 きっと・・・
  きっとマゾに・・・

 でも・・・
   でも我慢します・・・

お尻を・・・マゾ巨尻を・・・叩いて下さい・・・。

その御手を
私の・・・マゾ蛆虫の私などの為に
そうして下さっている・・・
それを・・・
その御手を
見つめているだけで幸せです・・・

  







そう・・・私はあの時から・・・

「私・・やっと・・・
 よし兄ちゃんから
  迎えに来ていいって
    お返事が貰えました・・・」

智子への墓参

知久土町に
 新居を構えようと思ったのは
  よし兄ちゃんのお母さまのお墓が
   ここに置かれたからです

それからの一年
 私は毎日ここに通っています

「もう一年ですね・・・
  でも、良かったです・・・
 間に合って・・・
  ほんと・・良かったです・・・」

ちょうど1年を迎えた
 その日に願いが叶ったのは
  運命というものを感じざるを得ません

「お義母さまが
  見守って下さっていたから・・・
    そのおかげです・・・
      ありがとうございました・・・」

お義母さま・・・

初めて義母(はは)と呼ぶことに
照れながら
私は
いつものように辺りを伺います。

残雪の残る尾根に
晩冬の陽が差し掛かろうとしています
およそ墓参に
似つかわしくないこの時刻・・・

”誰もいるはずないけれど・・・”

誰もいるはずはないけれど・・・

この時間に訪れるのは
他の参拝者の方と出くわさないこと
それを望んでのことです  

”大丈夫・・・”
うん・・・大丈夫

この一年
そうしたことはないのですが
やはり気になります

人の気配がないことを改めると
素早く私はお義母さまの
お墓の裏側に回ります

急がないと・・・。

他の墓石には見られない
不自然なコンクリートの箱

その箱の
正面に取り付けられた鉄扉の鍵穴に
バックから取り出した鍵を
素早く刺し入れます

”開けます・・・お義母さま・・・。”

毎回勢いよく開く
鉄扉を手で支えながら
慎重に鍵を開けます

ガチャリ・・・パアァンッ!

勢いよく開いた
鉄扉の裏側には
丸くとても柔らかいお義母様のお尻があります

鉄扉に押し込められていた弾力のあるお尻が
扉を開け放ちます。

「生理・・
  終わったみたいですね・・・。」

耳を塞がれ
コンクリートに埋められた
お義母様に声は届きません

それでも私は
ポットに入れてきたお湯で
タオルを浸し
乾いた経血をそっと拭き取りながら
お義母様につぶやきました

”だから・・・きっと、
  きっと・・・いらっしゃるのでしょうね・・。”

綺麗にしますね・・・

お義母様の生理が終わった頃
その方は月に一度訪れ
その痕跡をお義母様に残していきます

外界の刺激の殆どない
お義母さまはきっと身を以て
月経の終わりを・・
そして思い人の来訪に
気づいているはずなのです

その証拠に
タオルで拭ったそこは
仄かに女の芳香を放ちはじめるのです

”お義母さまは・・・
  悦びを感じてらっしゃるの・・・?”

この一年
毎日お義母さまへの
お食事と排泄の処理をしてきましたが

月に一度の
そのお義母さまの悦びの徴(しるし)だけは
いまだに不思議に思えてなりません

”・・・・・・・・・・”

例えその疑問を
柔らかなお尻を指でなぞり
伝えたとしても
溶着された箝口具では
呻き声すらもままなりません

「また、明日来ます・・・。」

悦びを示す液体を
そっと拭き取り
私は再びお義母さまの柔らかに弾むお尻を
鉄の扉の奥に押し込みました。

カチャリ・・・

明日のお世話は
また悲惨なお義母さまのお尻を
手当てしなければならないこと思い浮かべながら
来た道をまた歩き始めました

「幸絵・・・
  ふんっ、まだいたのか?」

毎月一度だけのお義母さまが待ち望む
その方とお逢いしました。

「”便所”は
  綺麗にできたのか?」

「はい・・、
  月の障りも終わられて
    お待ちになられています・・・」

はい・・綺麗になっています。

一生よし兄ちゃんには
明かすことのできない秘密・・・

私・・・私・・・
よし兄ちゃんには
幸せになって貰いたいんです・・・。

今もお義母さまのことは
決して・・・決して
よし兄ちゃんには
いえ・・・
愛しい蛆絵生殺加虐自在主様に
知られてはならないのです。

ああ・・・なぜ・・・
なぜ・・・お義母さまはお悦びに・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ばっ・・・罰をうけるんだよなっ・・・」

「は・・・はいっ
  おっお願いしますっ!」

「そっ・・・それを俺だと思って
  のっ・・・飲みこめっ!!
 のっ・・喉の奥までなっ!!」

愛しい蛆絵生殺加虐自在主様が
愛しい折檻竹刀様を
マゾう〇こ虫蛆絵の
マゾ唇に押し当てて下さいました。

マゾ内臓にして下さい・・・。

「はっ・・・はいっ
  ど・・・どうぞ・・・

 最低マゾ蛆虫蛆絵の
    マゾ喉・・・マゾ胃袋を

 真正マゾ内臓になれるように
   お掻き回し下さいませ・・・。」  
















そう・・・あの時お前は・・・

収監から
9年を過ぎた頃からだった
幸絵は俺を訪ねてくるようになった

母ちゃんと俺を
こんな目に合わせやがった
憎いお前らに逢いたくもない

だが
お前はそれから1年の間
毎週のように訪れては逢わない俺に
手紙を置いていきやがった

逢いたい・・・

一体なんなんだ・・・?
お前の真意が判らなかった

お前は手紙で一切
あの事件には触れてこなかった・・・
大好きだった
母ちゃんが死んだことにも触れず


俺の出所を待っている言葉だの
励ます言葉を繰り返す手紙を送ってきやがった

そして
出所一か月前に
幸絵が置いていった婚姻届

幸絵からの婚姻届

その時俺は
初めてお前に返事を返した・・・

義春からの返事

婚姻届けを貰って判った・・・
やっぱりそうだった・・・

結婚なんて・・・
期待させやがって
危うく騙されるところだった

手紙で俺を油断させて
期待した俺を
あのくそ親父と笑うつもりだったんだ!!

破かれた婚姻届

ざまあみやがれっ!
破り捨てた婚姻届をみれば
しくじったことに気付きやがるだろう

騙されるかよっ!!

そう思った
2日後だった・・・・。

信じて良いのか・・・?

刑務所の便所で
俺は・・・
俺は・・・
何度も何度も目をこすり

再び送られてきた
手紙と婚姻届けを
何度も何度も読んだんだ

婚姻届け再び

信じていいのか・・・?

本当は
本当は・・・
逢いたかったんだ・・・この一年間

だけど期待をしたら
裏切られるのが・・・
辛い目に遭うのがわかっていたから

逢ったなら
返事を書いたなら
きっと嘲笑われる・・・

期待をしてはいけない
期待をしたなら・・・

けれど
再び婚姻届が届いたとき
俺は・・・
俺は試そうと思った

”迎えに来るんだったら
  露出たっぷりで迎えに来いっ!”

3月の雪

「よし兄ちゃあぁぁぁんっ!」

お前は・・・

お前は来やがった・・・
3月の雪の中・・・

眩しいほどに明るい笑顔を
俺に向けて手を振っていた・・・

一緒に帰ろ・・・

俺は
お前に・・・
お前に目を合わせることができなかった・・・

”待って・・・
  待って・・・
   ね・・・よし兄ちゃん待って・・・”

待ってください・・・

あまりにもお前が
余りにもお前が変わっていたから・・・

俺は・・・
俺は信じても・・・
俺は信じてもいいのか・・・?

信じていいのか・・・幸絵

俺は
俺は本当にお前のことを・・・
幸絵
俺はお前と
お前と一緒に暮らしていけるのか・・・?

俺は俺は
お前を・・・
お前のことを・・・
好きになってもいいのか・・・

本当に・・・
本当にお前のことを・・・
愛しているのに・・・

あの時お前は・・・
お前は・・・
お前は俺を・・・

それが無ければ・・・

愛の報い

ついさっきまで・・・

ほんの・・
ついさっきまで
坂井幸絵は勤め先である
哀玩ストアでレジを打っていた。

「こんにちわ、幸絵さん・・元気っ?」
「あっ・・いらっしゃいませっ、五十嵐さん。」

いらっしゃいませっ

隣町に新しくできたショッピングモールの
煽りを被っていた売り上げが
幸絵の入店以来
月を追う毎に持ち返してきていた。

「元気ですっ!」

「いいわね~っ・・・
  新婚さんは幸せそうでっ・・・!?」

「はいっとっても幸せですっ・・・
幸せもお売りしたいくらいですぅっ・・・うふふっ」

幸せですっ!

「ごちそうさまっ・・・うふふ・・じゃ、またねっ・・」

「はいっ
  どうぞ、お気をつけて・・・!
    またのお越しをお待ちしていま~すっ・・・!」

お待ちしております。。

清潔感溢れ
24歳になったばかりの若さから迸る
彼女の屈託のない
笑顔と明るさに客も店員も魅了されていた

その彼女を独占し
新婚生活を享受できる夫を羨む男性は
一人や二人ではなかった

馬鹿にしやがってぇっ!

「けっ・・・結局・・・
 おっ・・・お前はおっ・・俺のこと
 ばかっ・・馬鹿にしてやがるんだよっ・・・・・!」

哀玩ストア入店と時期をほぼ同じくして
幸絵は兄と慕った3つ年上の幼馴染と暮らし始めていた。

プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。