FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫び 皆様からの年賀状

こんばんわ。。。
ふぃがろです。。。

ごめんなさい。
みなさんから素晴らしい年賀状を頂いていたのですが、
掲載が遅れてしまいました。。。

犬屋哀玩堂様 室井先生様から
inuyasan


牛女さんです。。
うーんん。。。叙情的です。


夢見るマゾヒスト みゆま先生から
maki nennga

麻紀ちゃん、
とっても可愛いですね。。。


汚牝子さんから
omesukosan1

omesukosan2

2枚も頂きました。。。。
素晴らしい股飾りです。。。
刺青が映えてとても素敵です。

みなさん、
ありがとうございました。








スポンサーサイト
[PR]

頂き物 裸妻の夫さん 『クリスマス妄想メルヘン』

裸妻の夫さんから
嬉しい頂き物です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人の陵辱妄想メルヘン 
「サドンナの奴隷トナカイ」

サディスティックサンタレディー、サドンナ、
それが私のご主人様の名前でございます。
私がサドンナ様に囚われたのは、
夕食の買い物を済ませて、
家へと帰っていた時のことでございました。

突然、
空が光ったかと思うと、
その中からサドンナ様が現れたのでございます。

「ふふふ、おっぱいが大きそうね」

そう言うと、
サドンナ様はスティックをお振りになられました。
またたくまに私の衣服は下着もろとも破れさり時空間へ消えていき、
全裸になった私はその場に座り込むしかありませんでした。

「こ、これは、ど、どういうこと!!!」

私は何が起きたのか飲み込めず手で胸と股間を隠して
うろたえるだけでございました。

「お前は、私の奴隷トナカイになったんだよ」

「ど、奴隷トナカイ?」

「そう、今日からお前はその姿のまま私こと、
 サディスティックサンタレディー、サドンナ様の奴隷として、
 私の籠を引き、サドの方々の慰めものになるんだよ」

そこでサドンナ様は
またスティックをお振りになられました。

隠していた両手が後ろ手に何かの力で引っ張られたかと思うと、
何処からか現れた縄で縛られ、
首と乳首には鈴がぶらさげられてしまいました。
上体を起こそうにも後ろ手に縛られ、
乳首の鉛の鈴の重たさで上げることもできません。

「うーん、まだ足りないわね」

「た、足りない?」

動く度に鈴が鳴る私を見ながら、
サドンナ様はまたまたスティックをお振りになられました。
見る見る私の頭からトナカイの角が伸び、
鼻に鼻輪が通されたかと思うと、
そこからチェーンが伸びて
乳首のピアスにつながっていきました。

それだけではありません。
その乳首のピアスに繋がったチェーンが伸びて、
今度はクリトリスに付けられたピアスを通ってアナルを締め付けると、
なんとサドンナ様の手にまで伸びていくではありませんか。

「これで、やっと家畜らしくなったわ」

「か、かひぃくぅぅ...」

鼻輪を引っ張られているせいか、
まともに喋ることさえできません。

「そう、お前は、もはや人間ではないの。
 私の持っているチェーンで操られる惨めなトナカイ、
 家畜奴隷なの。
 どう? その哀れな姿は?
 お前はこれから私が握ってっるチェーンで操られるのよ」

サドンナ様はそう仰ると、
チェーンをお引きになられました。
全ての力が、乳首、クリトリス、アナルを刺激します。

「ひィィィィ.....!!!!」

背筋を伸ばすことも屈むこともできず、
全ての刺激を身体全体で受けながら
震えながらよろめくだけしかできませんでした。

「何、ヒヒー言ってんのよ」

サドンナ様は、
そんな私の姿を楽しむようにチェーンを弄びながら
次のような歌を歌って下さったのでした。

服従家畜妻
kachikuduma


いつも全裸の
トナカイさんは
いつもみんなの
蔑まれモノ

だから今宵の
クリスマスでも、
サドンナさまは
いいました。

夜道に響く
哀れな音の
乳首の鈴が
大うけなのさ

いつも泣いてる
トナカイさんは
声を限りに
泣き続けました。


何度か気を失いながら
聞かされたサドンナ様の歌、
今、思えば、それがサドンナ様が、
私、家畜奴隷トナカイに作って下さった
蔑みの歌という宣告だったのかもしれません。

「さぁ、今からお客さんのところまで行って、
 そこでこそ弄ばれ、果て続けなければならないのよ」

サドンナ様の籠の中には
荒縄、バイブなど、SMの責め具が
山積みされてもいました。

人妻玩具
game


※二枚目の画像は、
サドンナ様によって連れて行かれた
ゲームセンターで陵辱される姿をイメージしてみました。
UFOキャッチャーならぬ陵辱マシーンです。

額に「豚」と焼印され、
全身に男根が射精している刺青をされた妻が、
陵辱マシーンの中で大股開きで固定され、
局部という局部を糸で引っ張られ、
あそこにはバルーンが入れられ
膨らませられるだけ膨らませられています。

また、陵辱マシーンの中には
色んなバイブレーターが設置され、ボタン一つで、
色んな角度から責められるようになっています。

裸妻の夫

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あとがき
裸妻の夫さん、
とても妄想掻き立てられる素晴らしい作品、
ありがとうございます。。。

裸妻の夫さんはこうした形で
妄想の世界でも愛しぬこうとされている
素晴らしい方だと思います。

これからも奥様への愛情を
いろいろな形で見せてくださいね。。。
期待しています。。。。

ps
2枚目の画像の男性写真を
モザイクさせて頂きました。
ごめんなさい。。。

ふぃがろ

頂き物 裸妻の夫さんから

いつも投稿下さる
裸妻の夫さんからまたまた投稿を頂きました。
 人間活け花になられています。。。

>ゲージュツの秋ということで妻を人間生け花にしてみました。
>題して「淫乱辱め差し」なんてね。。。

 奥様をとっても、
  愛されてらっしゃる裸妻の夫さん
   すばらしいですね。。。

ありがとうございます。。。
   これからもよろしくお願いします。


人間活け花
kabinn




頂き物#1 肉奴隷大好き少年様から

肉奴隷大好き少年様から
肉便器肉便器


以前戴いていた、
豚女糞子のイラストです。
公衆便所に繋ぎとめられた糞ちゃんです。

凄い迫力です。
ありがとうございました。。。

ブログ開設をもってやっとご紹介できます。
これからもよろしくお願いします。

ふぃがろ

プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。