FC2ブログ

肉体改造奴隷SlaveButterfly#14『解脱』

『解脱』

真の暗闇の中に封じ込められた私。

既に与えられてきた食事の回数も
記憶に残っていません。

光の全く無い狭いゲージの中で
何度も解放を願い
入り口のドアを蹴ることもなくなりました。

何時間かおきに食事が与えられ
自らの排泄物の匂いも
今は気にならなくなってしまっています。

だからといって
それ以外
全くの無の空間になったわけでは
有りません

時折ドアの向こうから
声が響いてくるのです・・・

”真のマゾになれ・・・
 お前の存在価値はそこにある・・・。”

「なにそれっ!
 わからない・・・出してっ
 出してよっ!」

思いもかけず
長い時間をこの空間で過ごすことを悟った時
私はその声に逆らい叫んでいました

時が経つにつれ
その声に対しても
私は無反応になりました

けれども
外界からの刺激がそれだけになった
私の思考は
私の意志とは無関係に
だんだんと
その言葉だけに
埋め尽くされていきました

”わ・・私、
 せ・・洗脳されていく・・・
 怖い・・・・怖いっ!”

自分が自分で無くなる
恐怖を感じました・・・

「わ・・私っ・・・負けないからっ!
 そんな思惑に屈するわけないじゃないっ・・・!」

「ね・・お・・・お願い・・・
 何でもします・・・だ・・出してください・・・。
 お願いします・・・!」

「あははははは・・・
 きゃははは・・・・
 うふふっふ・・・きゃははは・・・!」

「あ・・ありがとうございます・・・。
 ご主人様・・・このままずっとここにおります。」

「うあぁぁぁうえぇぇん・・・・!」

「あんた馬鹿じゃない・・・
 こんなことでしか女を相手に出来ないんだ・・・・。」

「ぎゃぁあっぁぁあぁっっ・・・・!」

何秒、何分、何時間・・・叫んだことでしょう
何日・・・何週間・・・何ヶ月・・・
いろんなことを暗闇の中から外に語りかけ
叫んでいたか判りません・・・

けれど返ってくるのは
いつもの言葉だけ・・・

記憶を失っていることなど
既にそれすらも忘れていました

いつしか
また私はその言葉を聴いても
声を発することはなくなっていました・・・

自ら精神の崩壊を
望みもしましたが出来ませんでした・・・

真のマゾ・・・
それが存在価値・・・

私はいつしか
以前のように拒むことなく
その言葉を考えるようになっていました・・・

”真のマゾになれ・・・
 お前の存在価値はそこにある・・・。”

小さな空間で
動きを封じられ
漆黒の闇の中
息をして
食事をし
排泄しているだけの私

”ここにこうしていることが
 私の存在価値・・・?”

自らの精神を崩壊させてしまうことが
出来ない私の心がとった
詭弁だったかもしれません

けれど
唯じっとしていることの価値・・・

私はいつしか
シジフォスの岩を
心に想い描いていました・・・

”真のマゾになれ・・・
 お前の存在価値はそこにある・・・。”

「・・・はい、その通りです・・・。
 ・・・ありがとうございます。」

私自身、驚くほど
心が落ち着いた状態で
返事が出来るようになっていました。

それから
またどれくらい時間が経ったのでしょう
私の心は乱れてはいませんでした

ここにこうしていることが
受虐出来る価値として自分に見出せていたからです

”真のマゾになれ・・・
 お前の存在価値はそこにある・・・。”

「・・・はい、その通りです・・・。
 ・・・ありがとうございます。」

この言葉のやり取りが何回行われたか
それもまた
判らなくなってきていたある日
変化が訪れました

ガチャ・・・・
カチャカチャ・・・・
キィィィ・・・・

”え・・・っ!?”

壁だと思っていた
頭側の壁が音を立てて開いていきました

眩しい光が流れて込んできて
私は思わず目を覆いました。

「だいじょうぶか・・・?
 瞼は閉じていたほうがいい・・・。」

「は・・・はい・・・。」

何が起きたか私は判りませんでした。
もうこの壁の檻の中で
一生を過ごしてもいいと
考えていました。

「ゆっくり出て来い・・・、
 ゆっくりな・・・。」

「・・はい・・・。」

私は目を閉じたまま
ゆっくりと外に出ようとしました・・・

「・・・・!
 うぅぅっ・・・・」

身体中の関節と筋が悲鳴をあげました。
余りにも長い間
伸ばすことなく固定されていたからです

「ほらっ・・・ゆっくりとだ・・・。」

「・・うぅ・・はいっ・・・」

私はやっとの思いで
庭に這い出しました
そうして瞼の向こうの光も
落ち着いてきていたことを感じていました

「あの・・・
 目を開けていいですか・・・?」

「あ・・ああ・・
 新月の夜を選んだんだけどな・・・。」

ゆっくりと
瞼を開いていきました。

「そうだ・・・
 身体洗い流さなきゃな・・・・。」

ご主人様はそう言われて
走り去られていく足音を響かせました

「あ・・・
 あ・・待って・・・
 待ってください・・・・・。」

butter100425


あぁぁ・・・

思わず足音の先を見ると
そこには家に面した湖が広がっていました

満天の星が
そして遥か向こうの街の灯が
光から遠のいていた私の瞳を震わせました

春の終わりを思わせる靄が
私の汚れた身体を包んでいました

あ・・
どこ・・・
どこですか・・・

既に消えた記憶の向こうにいた男性は
今私の大切な人となっています

瞬く淡い光は
私の瞳を震わせます

擦る瞼に涙が溢れて止まりませんでした
どこにいるの・・・

身体中の筋を軋ませながら
精一杯に身体を起こしあげ
霞む視界の先を追いました

記憶の柵(しがらみ)から
解脱したと思われた私の心はいま
愛しき後姿を追い続けていました














スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

閑話休題 齋藤麻紀 『みゆま先生の新作』

『みゆま先生の新作』

こんにちは。。。
齋藤麻紀です。。。。

あの。。。
みゆま先生が麻紀の新作を作って下さっています。。。

ブランコでおしっこをしたり、
とっても恥かしいことしています。


<・・・遠くから>

「麻紀っ!
  何やってんのっ!?
    プールに行きなさいって
      いったでしょっ・・・!?」

「は・・・はいっ・・・!
  女王様っ・・た・・ただ今・
   ただ今参ります・・・っ!」

「罰として・・・
  両足縛って
   両手に鉄アレイ30kgづつ着けて
    飛び込みよ・・・いいわね・・・?」

「は・・はい・・・
  あ・・・ありがとうございます・・・。」

あ・・ごめんなさい・・・。
い・・行かなくちゃいけません・・・。

maki senden


あ・・あの・・

是非、買ってください・・・

麻紀も頑張ります・・・。

「まぁぁきっ!」

「は・・・はぁいっ!」

じゃ・・・また・・・。

閑話休題 家畜奴隷汚牝子 『いつまでも どこまでも』

『いつまでも どこまでも』

時の感覚を無くしてから
時をどれだけ経たのであろう

存在の意味
存在の価値

自らが問いかけた
自らの在り方

考えること
感じること

無為に過ごすこと
開眼に至ること

あらゆる心の自由を得たのは
自身が選んだ永遠の拘束が故

omeko kabe


極限の渇きに
股下に自ら溜めた液体を欲するも

無碍に晒す身体を
弄られることを欲するも

口の端(は)に載せることに
不自由することも無い

心に思い描き望む世界は
どこまでも彼女のもの

苦しげな渇いた呼吸に
息づく確かな意思の気配

いつまでも続き
どこまでも届く







閑話休題 奴の話 「鞭の味」

「鞭の味」

もう・・・・
いつ帰ってくるのかな・・・
ふぃがろ様・・・
もうそろそろ
一時間にもなるのに・・・

どこまでビール買いにいってんのかな?

あっ・・そうだ・・・
相互リンクのお知らせ・・・
愛華ちゃんから来てたんだった・・・

愛華の部屋
http://hentaiaika.com/aika


愛華ちゃんが
SMや野外プレイ・・・
とても綺麗ですてきに苛められています。
ひみつのメンバーサイトもあります・・・

どうぞ、
お訪ねくださいね・・・

愛華ちゃん、
遅くなってごめんね・・・
これからもよろしくお願いします・・・

ああ・・・
早く帰ってきてくれないかな・・・

もう・・・でも
なんか・・・
だんだん怒れてきたぞ・・・

ちっとも
構ってくれないと思ってたとこに
急に帰ってきて・・・
期待させて・・・

うーっ!
もうっ・・ふぃがろの奴っ!

いつも出かけると
TSUT●YA行ったり
図書館寄ったり・・
絶対、まっすぐ帰ってこないんだから・・・

久しぶりだから
夕御飯の支度もしてあげなきゃと
思ってたのに・・・

ばかっばかっばかっ!

もうっ、縄・・・
鋏で切っちゃおうかなっ?!

鋏どこだっけかな・・・?

あっ・・そうだ
この引き出し・・・

よいしょっと・・・

ここに入れて
うん・・・切れそう・・・

・・・でも
今・・・帰ってくるかも・・・
どうしようかな・・・

うーん・・・

===更に一時間経過===

もうっ、切るっ!

もう、夕飯のお買い物にも
いけないじゃないっ・・・!

うーっ!
あんな奴しらないっ!
ふぃがろのばかぁっ!
絶対っ浮気してやるんだから・・・!

後で後悔しても
しらないからなっ・・・ふんっ!

切っちゃうからな・・・
切っちゃうからね・・・

もう
切っちゃうから・・・
切っちゃうよ・・・

うう・・
切っちゃうんだから・・・
もうっ・・・

ガチャッ・・キィィッ・・

「ただいまっ!」

あ・・
ふぃがろ様が帰ってきました・・・
よかった・・・
切らなくて・・・

でも・・・

「もうっ!どこまでビール買いに行ってたのっ?!」

「えっ?
 ・・ええ、ちょっと・・
 本屋さんに・・・ごめんなさい。」

「・・やっぱり・・
 もぉぉぉっ・・・
 私のこと放っておいてばかりいて・・・!
 もうっ・・知らないんだからっ・・!」

「・・・で浮気するのか?」

「え・・・?」

「・・さっき
 ターミちゃんからめーる入ってたから・・・。
 浮気するとか息巻いてたって・・・。」

「あ・・そ・・それは・・・。」

「縄・・解いたげようか・・・?」

「あ・・あの・・
 ご・・ごめんなさいっ・・・私っ・・。」

「僕のことなんか知らないんだろ・・・?」

「もう・・・
 そ・・そんなこと言わないでっ・・・!」

「だったら・・・浮気するなんていうなっ!」

「は・・はい・・・・。」

「だったら・・・。」

キコキコキコ・・・
ふぃがろ様は私を責める台の高さを
調整し始めました・・・

「・・こっちへ来い・・・。」

「は・・はい・・ご主人様・・・。」

「・・載せるぞっ・・・。」

「はい・・お・・お願いします・・・。」

ふぃがろ様は
私を背中から持ち上げくれました・・・
厚い胸を背中に縛られた両腕に触れました・・・

私はふぃがろ様に
言われるまでもなく
自ら両脚を拡げ
台に載せました・・・

「ここら辺か・・・?」

「あ・・あの・・
 も・・もう少し・・
 後ろです・・・。」

「うん・・・。」

「あ・・・
 そ・・そこです・・・。」

「・・・うん、
 落ちないように
 しっかり挿しこめろよっ!」

「は・・はいっ・・
 んん・・
 ・・あふぅっ・・・」

ズブッヌプッ・・・ニュル・・・

私のあそことお尻の穴の間隔に合わされた
2本のディルドーは
既に濡れそぼっていた
私の2つのそこに入っていきました・・・

私は台から落ちないように
自らの体重を掛けて
奥へ奥へと二つの穴を割り拡げていきます・・・

「あ・・ああ・・・」

粘膜の壁を裂いて突かれてくる
久方ぶりの挿入に
私は心地よい痛みと
切ない圧迫感に声を漏らしました・・・

ズププ・・・

「あ・・・
 ああ・・は・・入りました・・。」

「・・・しっかり入ったか・・・
 落ちないな・・?」

「は・・はい・・・・あんっ。」

ふぃがろ様は私の両ひざの裏側と
あそことお尻の穴を貫いたディルドーの固定具合を
お尻の掴み揺すって確かめられました・・・。

グチュッ・・・グチュル・・・

「あん・・あはぁっ・・・!」

内臓を揺すぶられる
二つのディルドーの快感に私は既に
軽い絶頂を迎えました・・・

「あはぁ・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

「大丈夫そうだな・・・。」

「は・・はい・・・。」

私はふぃがろ様のほうを振り向き
返事をしました。

「さて・・・舌を出しなさい・・・。」

「え・・・?」

「浮気するといってた舌だ・・・。」

「は・・はい・・・。」

私は出来る限り舌を伸ばしました。

「もっとだ・・・。」

「んんん・・・。」

私は既に限界と思われた舌を
更に伸ばそうと必死に舌先に力を入れました・・・

「よし・・・
 引っ込まないように
 しっかり噛んでろ・・・・。」

ふぃがろ様はいつの間にか用意されていた
鞭を私の顎先に宛がいご命令くださいました・・・

「ふぁ・・ふぁい・・・。」

私は舌を出しながら返事をして
舌が動かないように噛みました・・・

nu shitanoaji


「んんん・・・。」

「・・・さて・・・
 動くなよっ・・・舌先に・・
 ふふっ・・・まさしく鞭の味を味あわせてやるっ・・・。」

「ん・・んんっ」

私は舌を噛んだまま首を縦に振り
ふぃがろ様の鞭を待ちます・・・

大きく手を振り上げた
ふぃがろ様を信じて
顔を前に突き出し目を瞑ります・・・

二人の夜は始まったばかりです・・・

ありがとう
ターミちゃん・・・


プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR