FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若妻奴隷 坂井幸絵 『水分補給』・・と眠兎さんのブログ

『水分補給』

義春の汗は滴り落ち
この日の為に幸絵が買い求めておいた
半袖のワイシャツは
バケツで水をかけたように濡れそぼっていた。

真夏日となった午後、
他人が見れば
義春がその肥満体を揺すりながら歩く姿は
さながら巨大な蝦蟇が
熱せられたアスファルトに
体液を吹きだしながら
歩いているような醜悪なものである。

ただ幸絵にだけはそう見えてはいない、
義春は義春であり
智子の法要の為に
懸命に歩くさまが愛おしい。

「・・・ひっ・・ひっ・・ひっ・・・はぁっ・・ひっ・・・。」

義春の呼吸は
ますます切迫した様相を見せ
今にも途切れるのではないかと幸絵を心配させた。

「お・・おいっ・・!」

義春が後ろを振り向かず
かすれる声を絞り出し幸絵を呼んだ。
いつもの半分の声量も出ていない。

「は・・はいっ・・・!」

少し後ろを歩いていた幸絵は
水桶の水を零さないように気を配りながら
義春に駆け寄った。

「何でしょう・・、
 幸絵加虐生殺自在主様・・・?
 あぁ・・・こんなに・・・・・!」

汗にまみれる義春の顔を見て
幸絵はうろたえた。
直ぐにハンカチを取り出し
それを懸命に拭った。

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・・。」

顔、胸、腕・・・
肌が見える場所を幸絵に拭わせながら
義春は呼吸を整えようとしたが
息が乱れ、中々、
言葉を繰り出すことが出来ない。

「あ・・あの・・
 木陰で少しお休みしましょうっ・・・?
 す・・少しお休みになれば・・・?」

様子を見かねた
幸絵は休息を提案した。

ここはまだ門前と寺社までの中継地点。
寺と墓地はその先の再び始まる階段の上にある。

住職との法要開始の
約束の時間はもう間近であり、
正直な所、
ここで休息をとっている時間はない。

だが、それよりも
暑さに消耗した義春の表情を見ている方が
幸絵は切なかった。

「ね・・少し・・・
 お休みしましょう・・・。」

既に幸絵は涙を潤ませていた。

「だ・・だいじょうぶだっ・・コーラッ・・・!
 コ・・コーラッ・・・は!?
 コーラがあれば・・・。」

「は・・・はいっ・・・ここに・・・。」

3分の2の容量を残した
コーラの2リットルボトルを義春に渡した。

「んぐっ・・んぐっ・・・
ごきゅ・・ごきゅ・・ごきゅ・・・。」

優に1.5~1.6リットルはあるはずのコーラが
見る見るうちに義春の胃の中に流れ込んで行った。

「ん・・・ぷはぁぁぁっ・・・!」

十数分前に
階段下の門前酒屋で購入したばかりの
2リットルのコーラが
見る間に消化されてしまった。

「もっ・・もう・・も・・
 もうないのかっ?!」

義春は数滴の雫がこぼれる
ペットボトルの注ぎ口を見つめて嘆いた。
幸絵が丁寧に拭きあげた汗は
今、また噴出していた。

「あ・・あの・・・・・・。」

空になったペットボトルを
悔しそうに見つめる
義春は明らかに次の飲み物を期待していた。
ase

「あの・・・
 ゆ、幸絵加虐生殺自在主様・・、
 お寺に伺えば暖かいお茶を頂けると思いますっ!
 わ・・私、貰いに行ってきます・・・。」

実は家を出るときに詮を開いた
コーラの2リットルボトルをも寺の門前までに消化していた
義春である。

今、ここでまた
4リットル目が空になったのである。
幸絵は冷たい物ばかりを呑んでいる
義春の身体を気遣ったのである。

「どうか、そこの木陰で・・・。」

いつもならば
義春の望む物だけを、
望まれれば
望まれたままの行為をする幸絵であったが
義春の身体を気遣った時、
幸絵は敢えて意見を述べる時がある。

しかし・・・、

「ふっ・・ふざけるなっ・・・!
 こ・・こんな、あ・・暑い日に、
 熱いものなんか、の・・呑めるかっ!?」

「あ・・あぁ・・
 で・・でも・・・。」

「お・・お・・俺のか・・
 身体がそ・・そんなに・・
 や・・柔だと思ってんのかっ!!」

自分の身体に
冷たい物が障ると思って述べたことが
義春の妙な自尊心を傷つけた。

激昂した吉春は唯でさえ
暑さに紅潮している顔を
更に真っ赤にさせて幸絵に怒鳴り返した。

「い・・いえっ・・
 決して・・決してそんな・・・。」

幸絵は心の中で悔やんだ。
義春のことを思ったが故に敢えて言葉を述べる時
意外とこうしたことで
義春の自尊心を傷つけてしまうことがある。

彼女はそれで
いつも自分を戒めていた。

「く・・くそっ・・ば・・馬鹿にしやがって
 お・・・俺は、へ・・平気だっ!?」

”ああ・・お怒りなってしまった・・・
 折角、お義母さまのご法要に来て頂いているのに・・・。”

優しく微笑む智子の顔が心に浮かび
幸絵は浅はかな自分の言葉を悔やんだ。

義春はそんな幸絵を尻目に
またふらふらと歩き始め
再び始まる寺へと続く階段に向かった。

やはり、その汗のかき方は尋常ではない・・・。
幸絵は昨夜の事を思い起こした。

”そういえば・・・お聖水の量が・・・”

幸絵さんのかかとは汚れていない。。。

”へ・・減ってたし、お味も少し濃くなってたんだ・・・。”

幸絵の主飲料は義春の排尿にある。
小便器の裏の管から迸る
彼の尿を容器に貯めて飲んでいるのである。

自ずから量や味の変化に本人よりも敏感に気付く
幸絵である。
明らかに汗による水分の消費が多くなっていた。
幸絵は狼狽した。

飲み物の温かい、冷たいに拘っている場合ではない。
熱中症にさえなりかねない。

”あ・・ああっ・・と・・
 とにかく・・そう・・今はっ・・
 幸絵加虐生殺自在主様の水分補給を優先しなきゃ!”

幸絵は義春のもとに駆け寄り訴えた。

「もっ申し訳・・・
 申し訳ありませんでしたっ・・・!
 あ・・あの、買ってきます・・・
 コーラ買ってきますから・・
 そこの木陰で休んでいて下さいませ・・・!」

「ば・・馬鹿やろうっ・・・!
 お・・和尚が来ちまうだろっ!?」

義春は智子の為の法要に
支障を期することは許せなかった。
次の檀家の法要で和尚から時間厳守を依頼されていたのだ。

「は・・はい・・・わ、わかりました。
 あ・・あのそれでは、無理を為されないように・・・。
 すっ直ぐに・・直ぐに行ってまいります・・・。」

幸絵は今来た門前を駆け下り、
再び駆け戻ってくる覚悟を決めたのだった。

------------------------------
あとがき

冷たい物の摂りすぎは
身体に良くないので止めましょう。。。

無理やり、
「坂井家の便所の秘密」の話に結び付けてしまいました。
幸絵さんの主飲料は義春さんのおしっこです。
公園で直接飲ませて頂けることを喜んだのは
いつも小便器と容器を介して飲んでいるからです。

できれば、義春くんから迸るおしっこを直接
飲むことが出来ればと望んでいたからです。

義春くんのおち○ちんに奉仕できることと共に
混ざりもののないおしっこで
義春君の健康管理もできるからです。

ただ、文系の幸絵さんも
そんなに体力は無いと思うのだけれど
そっちが心配だね。

でも、最近、足のばねは強くなっているはずなのです。
それは2枚目の画像のかかとに秘密があったりします。
なぜ汚れていないのでしょうか??
ふたつ理由があるのです。

ということで
リンクのお報せです。。。
『眠兎のブログ』
眠兎さん
http://sleeprabbitz.blog.fc2.com/
男の娘の眠兎ちゃんがとてもがんばっています。
お尻がとても丸く、魅力的ですね。
またがんばって口奉仕しています。
是非訪ねてあげてください。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

若妻奴隷 坂井幸絵 『智子の三回忌』

『智子の三回忌』

ミイィィンッ・・ミィンミンミンミン・・・
ミイィィィィィイッ・・・!!

夏を惜しむように
忙しない蝉の啼き声が降り注いでいた。

盆供の折には
雨も降り小雨の中をこの路を歩いた。
幾日かそれからも雨が降り続き
このまま夏が終わるのではないかと
錯覚を覚えたこの頃だった。

”明日もこれくらい
 涼しいといいのだけれど・・・”

昨日の午後、
勤め先の哀玩ストアの帰り道
幸絵は今日の午後の
義母智子の三回忌のことを想い
浮かべ天を仰いでいた。

それは自らの避暑の為ではなく、
夫である義春のことを思ってのことである。
去年の今頃はまだ
彼は幸絵も同じ場で遭遇していた
男子高校生の殺人事件によって
鑑別所に抑留されていた。

当然、
智子の葬式にも立ち会えておらず
それを行ったのは
まだ義春と結婚前の幸絵だった。

昨年秋に出所した義春にとって
亡き母の法要に参加するのは
先日の盆供養に引き続き
この三回忌にて二回目である。

「お盆と三回忌のご供養を一緒にしても
 良いのだがね・・・。」

智子の遺骨と
そして先に亡くなっている
義春の父である進の遺骨を移し
葬った先の住職が言ってくれていた。

しかし、義春は
「か・・母ちゃんの・・ほ、法要を
 はっ、省くことなんか出来るかっ!?」

住職の言葉を伝えた時、
義春の怒りと共に思い切り
殴り、蹴られ
腹に受けたボディブローに
のた打ち回った幸絵だった。

幸絵に悪気があったわけではない、
ただ夏のさなか、
山の上の菩提寺まで歩くことに対しての
義春への気遣いであった。

「も・・申し訳ありませんでした。
 ゆ・・幸絵豚が浅はかでございました。」

”ああ・・、
 あの優しかったお義母様のことを
 ないがしろにするなんて・・・っ!
 なんてことを・・・”

腹の痛みに耐えながら
幸絵自身、自分の愚かさを責め、
鼻血や嘔吐に汚れた顔を拭きもせずに
義春に詫びたのは
今月の初めのことである。

そして今日、こうして・・・
礼服に身を包んだ義春と幸絵が
菩提寺へと続くアスファルトの照り返しの
中を歩いていた。

ミイィィンッ・・ミィンミンミンミン・・・
ミイィィィィィイッ・・・!!

ここぞとばかりに求愛の声を上げる蝉しぐれが
暑さを更に感じさせていた。

”大丈夫かしら・・・
 幸絵加虐生殺自在主様・・・?”

sakaiiki01

「はぁはぁはぁはぁ・・あ・・あじぃっ・・・」

長い階段を登り、
義春は汗だくになり息を上げていた。

義春を気遣い、
荷物を全て運んでいるのは
智子の残してくれた礼服に
身を包んでいる幸絵だった。

”ああ・・
 お苦しそう・・・
 ごめんなさい・・・。”

義春が暑さに苦しんでいることを
どうにもすることの出来ない切なさに
心を痛める幸絵だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

やっと、
本編(幸絵さんの少女時代)に繋がる話を
書く事ができました。
義春君のお母さんの
智子さんの遺してくれた礼服、
似合ってると私は想います。

現在と絡め
また少しずつ幸絵さんと義春くんのお話を
してまいりたいと想います。
また続けます。

rantione様
ありがとうございます。
幸絵さんのお話は私も好きです。
これからも応援宜しくね。

ふぃがろ

坂井家の便所Ⅲ

『坂井家の便所Ⅲ』

古い汲み取り式の和式便所は
それなりの歴史を
刻んだ色合いを見せていることは否めない。

しかし、
毎日の使用前に義春の眼に
その一切の汚れを認めさせることはない。

便器に止まった蝿さえも
その飢えた腹を満たすものを
探す徒労を覚え
直ぐに暗い穴の中に戻る。

清掃用具はない。
その用途を果たすのは
他ならぬ幸絵の”舌”である。

幸絵は
まずは起床した後一番の仕事として、
そして勤め先からの
帰宅後の仕事として
その舌での清掃を自らに課している。

また何れ、
義春が使用した痕跡を
小便器、大便器に施す様を
お伝えすることがあるだろう。

今日の話はそれをお伝えすることを
主題としたものではない。

さて、この便所、
幸絵加虐生殺自在主こと坂井義春の用便にのみ
使われるものではないことは
先にお伝えした通りである。

その機能とは
和式便所の奥の小窓・・・そこにある。
そこが幸絵の玄関・・・
いや、出入り口と言った方が良いのであろう。

彼女は夫である
幸絵加虐生殺自在主こと坂井義春の為の
食事の支度や部屋の中の掃除、
そして時々行われる屋内拷問調教以外は
屋外に暮らしている。

幸絵自らが買い求めた
この古い家屋は名義こそ幸絵になっているが
主は彼女ではなく・・・
自ら使用人以下、雑用奴隷として
使われることを望んでいる。

小窓に並んだ小道具は
屋内での雑用奴隷としての正装を
する為のものである。

bennjo3

多少派手な看板はそうしたことを望む義春を思い、
廃材を利用して幸絵自身がつくったもの。

そしてお屋敷内(幸絵はそう呼ぶ)では
・ボールギャグを施し言葉を発しない。
・大便を排泄をしない為の”マゾ豚”表示付きのアナルフック。
・小便を排泄させない為の”恥”表示付きの尿道栓。
を施し赦されるのは呼吸のみである。

それらの装着の様子や機能についても
別の機会にご紹介する時がくるであろう。

言葉を発することの出来ない幸絵の屋内での
意思表示の仕方・・・
それは残された女の穴を使用して
行うものである。

幸絵はこの小窓をくぐる時、
奴隷の挨拶を屋外で行い、
また一日の奉仕が終わった後に
屋外に出てまた奉仕させて頂いたことの
深々と頭を下げ礼を述べるのである。

少しずつ、幸絵が白昼の公園で
幸絵加虐生殺自在主こと夫義春の
聖水(小便)を至悦の表情を見せたのが
判り始めたことであろう。

その秘密の核心は
この便所の屋外にある。
------------------------------------------------------------------------------------------
あとがき
描いてしまったので書いてしまいました。
多分、また暫く描けないような気がするけど許してください。
普段の幸絵さん自体の話も描きたくなってたりします。
困ったもんだ。。。

エリカさん
ありがとう、
楽しんでもらえれば良いですよー。
ご期待に添えているかどうか判りませんが。。。
また描きますね。

Badさん
そうですねー、
昭和的匂いが漂ってますよね。
何か淫靡ですね、あの時代。
なぜだろか?

ふぃがろ

坂井家の便所Ⅱ

『坂井家の便所Ⅱ』

彼らの使う、
いや、実際にその本来の用途の為に
この家の便所を使うのは
幸絵加虐生殺自在主こと
夫の坂井義春だけである。

よって
元々は小便器側と大便器側の間には
引き戸によって間仕切りされていたのだが
大柄な義春の為、
それは取り外され
今は敷居がその存在があったことを
思わせるだけになっている。

倹約に重きを置く幸絵は
自ら古紙を集め
溶かし漉いて便所紙を作り上げる。

その紙に触れたなら
その紙がどんなペーパーよりも
柔らかく作られているかがわかる。

それは倹約の為だけではない
義春への愛情が込められたもので
あるからである。

しかし、
その上には
真鍮で出来た鈍い金色のベルが置かれている。

その直ぐ後ろ側には
幸絵自らが書いた
義春への伝達事項が
自身の秘部の朱印と共に掲げられている。

bennjo2

しかし、これらのことは
この便所の秘密はまだ半分にも満たないこと
なのである。

----------------------------------
あとがき

申し訳ありません。
最近、また忙しくて
書けませんでした。


☆エリカさん
ありがとうございます。
トイレの秘密の話2話目を書きました。
あと、由香ちゃんのほうの話にもありがとう。
またがんばりますね。

☆Badさん
このキャラはやはり未だに好きです。
また描きますね、きっと。。。

ふぃがろ



星間闘女哀歌真理 『闘いの序曲』

『闘いの序曲』


「グックククク・・・!
 排除ダト・・・真理ィ、
 頼ミノ小僧共ガ、イネェノニ威勢ガイイナ・・・。」

エルゲザン星人は
銀色の美巨神を見て嘲る様な哂い声を上げた。

度重なる激戦で
光の戦士達は傷つき
戦える状態ではなかった。

地球の平和を異星人の魔の手から
救えるのは彼女一人であった。

「無理ヲスルナ、真理ィ・・・。
 グツククク・・・
 甚振ラレタイノカ・・・?」

「侮らないでっ、
 貴方などに遅れを取る私ではありません!」

「グックク・・・!
 言ッテクレルハ・・・グハッハハハ・・!」

エルゲザン星人が
地の底を響かせるような笑い声をあげた瞬間だった。

シュイン・・・スババッ・・

空気を切る音とともに
美巨神の身体が宙を舞った。

次の瞬間
輝く光を放ちながら彼女の右足が
エルゲザン星人の胸を貫いた。
s kick

ズダダダダァァァンッ!!

凄まじい地響きを立てて
エルゲザン星人は大地に倒れた。

「ウググッグゥゥッ・・・
 す・・すわろーきっく・・・・。」

「彼に出来て
 私が出来ないことはありません!」

美巨神の言葉に
エルゲザン星人の目から
余裕の笑みがなくなり
変わりに獲物をしとめよう残忍に仕留めようとする
冷酷な光を帯びたのだった。

-------------------------------------------------------------
あとがき
お手紙貰ったので描いてしまいました。
腰の線がとても魅力的な美巨神・・・。
そろそろやばいから、
かっこいい所までにしておこう。
と思っているのですが
描きたい衝動に駆られます。

真理さん
強がっていますが、
はったりです。
きっと。。。

☆Badさん
ありがとうございます。
習作があってこそのこと
そういってくださると嬉しいです。
またよろしくお願いします。

ふぃがろ


坂井家の便所

『坂井家の便所』

幸絵が夫である
幸絵加虐生殺自在主こと坂井義春の
聖水(小便)を
彼女達の住居直ぐ近くのこの公園で
拝飲することが出来ることを
幸絵が歓喜した理由、
それは他でもない
彼女達の住む便所の造りに
秘密が隠されていた。

yukie wc

何の変哲もない小便器。
そして和式便所がその脇に設けられている。

当然のことながら
幸絵たちが引っ越してくる前から
設置されている。

---------------------------------------
あとがき
眠いなぁ。
もしかすると登場人物がないイラストを
掲載するのは初めてかもしれない。
手抜きではないのだがなぁ。
そんな日も有るのだ。

Badさん
ありがとうございます。
また超お母さんの話は書きたいと思っていますが
流石に○谷プロが怒られないうちにやめとこうとも
思っています。

ではでは。。。。

プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。