FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『羞恥の尻』

『羞恥の尻』


成人女性のそれよりも大きな尻を覆った
汗に濡れた下着を
尻の半分もずらすと
風が晒した部分の汗を乾かす

蒸発していく汗は
美玖に否が応でも
むき出しの尻を晒していることを感じさせた

学校の校庭で尻を晒すという
普段信じられない行為に
美玖の指は震え
下着を下ろすことを躊躇わせた

”何で・・・なんで私、
 学校でお尻を見せてるの・・・?”

大人張りの体格をしているとはいえ、
晩生(おくて)の美玖は
男性経験はない

女性の特徴を帯び始めてからは
極力女性にも肌を晒すことを憚った
それは少女に
ほんの少しだけ違った身体的な違いが有ったからである

そのことに気付いてからは
入浴さえも
必ず一人
目立たぬように隠していた

昨夜の痴態は
悪夢ではなかったのではないかと
美玖はわが行為を疑った

しかし、
今こうして授業が始まる前の朝の陽光に
尻を照らされていることが
現実であることを思い知らせていた

「はやくしなさいよっ!愚図っ!」

戸惑う、
美玖を由美が嗜める

”早く・・早く、
 終わらせないと・・・。”

「は・・はいっ・・
 もうしわけありません!」

絶対的な弱みを握られている以上、
今はこの二人の嗜虐心を
どうにか満足させて
この場を収めるしかない

美玖は震える指に力を込めて
汗に濡れた下着を押し下げた

『羞恥の尻』

「あはは・・・でたでた。」

「でっかいお尻・・・
 何メートルあるの・・・?」

「うふっ!
 私達の3倍はあるんじゃない・・・?」

大げさな二人の言い様に
17歳の少女は羞恥を覚えた

”美玖・・
 我慢・・!
 我慢よっ!!”

美玖は自分に言い聞かせ、
再び下着を上げて尻を隠したい衝動を
辛うじて抑えた

「うぅ・・・。」

軽い呻き声を漏らし
更に下着を下ろそうとした時だった

「いいわ、そこで止めて!!」

圭子が突然、
美玖の脱衣の指を停めた

「え・・・?」

”ゆ・・赦してくれるの?”

もう朝のホームルームが始まるまで
10分も無いであろう
美玖は期待に胸を膨らませたのだった

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あとがき

でも、
それは淡い期待だったのでした

ふぃが

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

『嘆きのヴィーナス』

『嘆きのヴィーナス』


由美がおもむろにポケットから
スマートフォンを取り出した。

その態度には
美玖が力ずくでそれを奪い取っても平気だと
言わんばかりの姿勢である。

「ほら・・いいの?
 ほら、ほらっ・・・。」

これ見よがしに見せ付ける。

美玖の意識は
ともすれば気を失いそうになるほどの
怒りを覚えていた。

それを奪い取りコンクリートの地面に
叩きつけたかった。

でも、
それをしたなら、その報いとして、
知らぬ誰かがWEB配信をするのは
火を見るよりも明らかである。

「ああ・・、
 ほんと・・・ほんとうに・・・
 お願・・。」

「ああっ、じれったい!!
 5・・・・
 4・・・・。」

必死に食い下がる
美玖の哀願の言葉を遮るようにして
圭子がカウントダウンを始めた。

「あ・・あぁっ
 ま・・待ってっ・・
 待ってくださいっ・・・
 ぬ・・脱ぎますからぁぁっ・・!」

声を荒げれば
人に聞こえてしまう、
けれども圭子のカウントダウンは
停めなければならない。

美玖は咽喉の奥から
押し殺した悲鳴をこぼすと
窓からの視線を出来るだけ
避けるために東校舎の壁に近寄った。

美玖は二人に背を向けたまま
両乳房を抑えていた指先で
今度は乳房の先端を片方づつ弄り始めた。

「ひっ・・ひっ・・うぅっ・・
 ううぅ・・。」

『弄る指先・・・』

喘ぎとも・・
嘆きとも・・
そのどちらとも取れる声を漏らしながら
美玖は丹念に
左右の乳首にその作業を続けた。

「ひうぅっ・・ひうぅぅぅっ・・・。」

涙を溢し
嗚咽を漏らしながら
乳首を弄るその姿は
大きな尻を覆う
汗にまみれた小さな布切れを取り去る未練よりも
余程の執着を感じさせていた。

圭子と由美が
にやにやとその様子を見ながら
声を出さずに顔を見合わせ笑っていた。

背中を見せている
美玖が何をしているか、
見えずともそれが判っていたからである。

「・・・3っ!」

ほんの少しの間、
停めていたカウントダウンを圭子は
再び始めた。

「あ・・あっ・・も、
 もう少しだけっ・・あの・・・。」

「・・・2っ!」

今度は止まらない・・・、
無情に圭子の口から数字が数えられる。

「あああぁっ・・・。」

乳首への作業をしていた
両手を慌てて
大きく張った尻の両脇に置いた。

小さな布切れを肌に滑らすには
およそ必要も無い力を肩に漲らせている
185cmを超える長身は
地中海から現われたヴィーナスの彫像を思わせる様に
汗を輝かせていた。

『嘆きのヴィーナス』

「・・・1っ!」

「んっひぃぃっ・・・・。」

惨めなヴィーナスは
声にならぬ羞恥の嘆き声を漏らし
羞恥に打ち震える大きな尻を晒していくのだった。

-------------------------------

あとがき

圭子さんと由美さん、

もうこれ以上、
美玖ちゃんを
虐めないであげてください。


ふぃが

『懇願』&『最後の一枚』

『懇願』&『最後の一枚』

濡れたブラウスは
美玖の上半身に貼り付き
筋肉に締まった体型をそのまま覗かせていた。

「あはっ、ほんと、ノーブラだ・・・。」

「趣味なんですか、先輩?」

由美がおどけて後輩面するのを
美玖は顔を下に向けて耐えるしかなかった。

「でも、濡れたブラウス、
 着たままだと風邪を惹いちゃうわね・・・。
 脱げばっ?」

「え・・あ・・あの、
 これ脱いだら、もうパンティしか・・・。」

「え、私の命令に逆らうの?」

圭子が口元に歪んだ笑みを浮かべて
美玖をにらんだ。

”ああ・・もうっ”

「はっやっくっ!」

由美はまた例の口調で
美玖を急かした。

朝のホームルームにはまだ15分程もあった。

”ああ・・・”

このままの状態で何とか
それを臨むことはできないかを思った。
そうすれば二人も教室に戻るしかない。

これ以上の脱衣は
美玖の隠しておきたい秘密を
そのまま見せてしまうことになる、
美玖は俯いたまま、
じっとしていた。

「ふーん、
 聞けないんだ・・・?」

由美がうそぶいた。
圭子の方を見ながら、

「じゃ、もう一人増やそうか・・・?」

「そうね・・・!」

「えっ・・そんなっ」

美玖は俯いた顔を上げた。

「”そんなっ”て、
 言うこと聞かないんだったら
 仕方ないじゃない・・・。」

また知らない一人が、
美玖の痴態を知ることになり
生殺与奪の権を握る人間となってしまう。

誰か判らない人間の顔が
嘲笑うのが頭に浮かぶ。

「は・・はいっ、
 ぬ・・脱ぎますっ・・・
 脱げばいいんでしょうっ・・・!?」

美玖は自棄になって由美に言い放った。

「何、その言い草っ!?
 あんた本とわかってないみたいねっ!」

機嫌を損ねた由美の顔を見て
美玖は怯えた。

「い・・いえっ、
 申し訳ありません、由美様っ!
 あの、ブラウスを脱がさせてください・・・っ!」

下手に出る口調と共に
美玖はぬれたブラウスのボタンを外しにかかった。

「早くしなさいよっ!」

圭子が携帯で時間を見ながら呟いた。

「は・・はいっ。」

ボタンを一つずつ、
慌てて外しながら圭子に向かって
美玖は頭を下げた。

躊躇する状態は
今は赦されない美玖は巧みに乳房を隠しながら
ブラウスを脱ぎ去った。

「ぬ・・脱ぎました・・・。」

「見ればわかるわよっ!」

由美が馬鹿にしたように笑う。

たわわな美玖の乳房は
隠そうとする美玖の両手で多い尽くせるものでは無い、
それでも美玖は手の平を出来るだけ開いて
羞恥の乳房の先端を隠した。

「あ・・あの・・・、
 これで・・・これで赦してください。」

”もう耐えられない・・・
  もうこれ以上脱いだら・・・”

「あの・・ほんと、
  もう・・・もう・・・
   赦して・・もう・・
    もう、決して逆らわないから・・・。」

最後の一枚

美玖は涙を溢れさせながら
冷笑する二人に懇願した。

「あと、一枚残ってるわ・・・。」

「あはははっ・・
 そのきったないの・・・!」

「ひうぅぅっ・・・!」

美玖は絶望の息を吸った。

「お・・お願い・・・
 ね・・・お願いです・・・。
 ああ・・由美様・・・圭子様・・・。」

二人の顔を交互に見ながら
美玖は両手で支えた大きな乳房を揺らし、
何度も頭を下げた。

「はっやっくっ・・・!
 送っていいの、早くしてよっ・・・
 授業始まっちゃうじゃない・・・?」

由美はスマートフォンの時刻表示をみながら
呟いたのだった。

『懇願』

「お・・お願い・・・
 お願いですから・・・・。」

消え入るような美玖の哀願は
校舎からの雑踏にかき消されていった。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あとがき

なんだかほんとに
可哀想になってきた・・・。

ふぃが

『羞恥の痕』

『羞恥の痕』

スカートの中に閉じ込めれた空気は
開けたスカートの合い間から
白い湯気を立てて漏れあがった。

朝の裏庭で
スカートを外す羽目になるとは
予想だにしなかった美玖だった。

だが今はそれどころではない、
この二人の他に
自分の知られたくない恥ずかしい姿を
知る者が居る、
それが一体誰なのか?
そのことに意識が囚われていた。

「ほらっ、とっとと放しなさいよっ!」

スカートを掴んだまま
それを呆然と考えていた美玖を圭子が叱咤した。
慌てて美玖は返事をした。

「は・・はい、圭子様!」

美玖は太腿の上で
掴んでいたスカートから手を放した。

パサッ・・・!

太腿全体が4月の空気に触れ、
汗に蒸れた肌を
爽やかに乾燥させていくのを感じた。

「うわ、何、そのパンティ・・・!」

由美が美玖の
汗にずぶ濡れの下着を指差して叫んだ。

20分の全力疾走をしたのである、
美玖の大量の汗が
小さな下着を
濡れそぼらせるのは当然のことだった。

「あら・・・、
 あんたそれ・・・、
 昨日はいてた奴じゃない?」

圭子が目敏く指摘した。

美玖は瞬間に目を瞑り、
唇をかんだ。

その通りだった、
昨夜の自虐自慰の時に使った
昨日の下着だった。

「色と形・・・それに・・・。」

「それに・・・?」

圭子のゆっくりとした呟きに
由美が問い返した。

「恥ずかしいところに
 黄色い沁みがあるじゃない。」

「あっ、ほんとだ・・・っ!」

「あんた、キャプテンなんだからパンツくらい
 毎日、変えなさいよ、恥ずかしくないのっ!?」

羞恥の痕

「・・・・。」

汚れた下着を品評され、
美玖の頬は赤く染まった。

昨日の下着を
何も好きで穿いてきた訳ではない、
昨夜の醜態の後、
疲れ果てた身体で
全裸のまま寝てしまった美玖であった。

今朝のいきなりの呼び出しに
新しい下着を選んでいる時間がなかったのだ。
手元にあった下着を
そのまま着用してしまったのである。

「昨日のパンツよね・・?」

「どうなのよっ!?」

「は・・はい・・・。」

美玖は消え入るような声で返事した。

「そうです、
 昨日の下着のままです。
 ごめんなさい・・・。」

謝る必要など無いのだ、
しかし、
羞恥に震える美玖は
いつしか大人しかった幼かった頃の性格を
垣間見せていたのだった。

「上は・・・
 ブラはどうしたのよっ?」

「え・・あ・・あの・・・。」

「”あの”じゃないって
 言ったばっかじゃないっ!」

圭子と由美が代わる代わる
美玖を責めた。

「は・・はい・・、
 あの・・あ、すみません、
 きょ・・今日は着けていません。」

「あはっ、そうなのっ!」

圭子が呆れ顔で呟いた。

「は・・はい・・・。」

ブラを着けている時間が
全くなかったのだ。

やはり昨日脱いだままの
制服のブラウスとジャケットを
羽織ってきていただけであった。

「ふーん、
 じゃ、ジャケット脱いで見せて・・・!」

由美が言い放った。

「・・・えっ?」

美玖は思わず耳を疑った
今、ブラを着けていないことを
告げたばかりである、
汗にまみれたブラウスが
制服のジャケットの下で、
どのような状態であるかは容易に見当が着く筈である。

「はっやっくっ!」

由美は戸惑う美玖の気持ちなど
お構い無しでジャケットを脱ぐのを急かした。

”今は・・、
 今は逆らわないほうがいい・・・。”

いずれチャンスを見て、
もう一人が誰なのかを突き止めて
”それ”を抑えることができれば・・・

今はそれしかないことを
美玖は自分に言い聞かせた。

「は・・はい、由美様・・・、
 ジャケット・・・ジャケットを脱ぎます。」

紺のジャケットをずらすと
白いブラウスが現われた。

案の定、薄手のブラウスは
美玖の汗ばんだ肌に濡れて
その中身を透けて見せていた。

『濡れた肌』

美玖は慌てて乳房の辺りに両手のひらを当て
誰にも見せたくは無い
羞恥のそれを隠したのだった。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あとがき

そんなわけで
美玖ちゃんの危機は続くのでした。

果して援けは来るのでしょうか?

美玖ちゃん、がんばれ!

ふぃが

『苦渋の覚悟』

『苦渋の覚悟』

この二日間、
美玖は自分より2つも年下のこの二人の新入部員に
翻弄されていた。

”ああ・・もうわからない・・。”

つい十数秒前、
人生を台無しにされたと思い、
怒りのはけを晴らそうと爆発した感情は、
今また、
僅かな希望の光をこの憎んでも憎みきれない
この二人の言葉に頼っている。

”わ・・私・・、
 私・・・どうすれば・・。”

日本バレーボール界の
新たな新星として脚光をあびるスーパー少女も
弱みを握られれば
ただの17歳の少女である。

心細げなその姿は
185cmの恵まれた体躯も小さく見えた。
その様子を伺いながら
勿体つけるように由美が呟いた。

「げほっ・・げほっ・・・
 ああ・・苦しかった・・・はぁ・・・。」

「ほんとっ・・・
 何かって言うと暴力を振るうんだからっ!
 この馬鹿力女っ!」

圭子も由美に相槌を打つようにうそぶいた。

「ご・・ごめんなさい・・。」

謝る必要など無いはずなのだが
気弱担った少女は二人に何度も頭を下げた。

「あ・・あの・・、
 それで・・・ひ・・ひとりだけって・・・?」

恐る恐る美玖は二人に尋ねた。

「あーあ・・・、
 どうしよか、由美・・・?」

「うーん・・・、
 ごめん、私、首痛くて・・・。」

「そうよね・・・私も、
 また、どっかの怪力女に突き飛ばされて・・・。」

美玖の縋るような視線を気付かぬ振りをして
圭子は腰を擦る。

「ご、ごめんなさい、
 本当にごめんなさい・・・。」

由美は呟いた。

「もう本気でWEBに載せてやろうかしら・・・?」

「そ・・そんなっ・・・!
 ご・・ごめんなさい・・・そんなつもりは・・・!」

「赦せないわよね・・・!」

「世界中に日本のバレーボールのスーパーアイドル、
 香坂美玖は超変態女だったって・・・。」

「あはは・・それいいっ!」

二人の会話に嗜虐の色が見え始めたことに
美玖は怯えた。

”ああ・・だめ、
 弱気になったら・・・、
 また昨日の繰り返しになる・・・。
 落ち着いて・・美玖・・落ち着いて・・・。”

美玖は昨日の自分を振り返り、
二人に弱みに付け込まれてしまっていったことを思った。

「そ・・そんなことをしたら、
 ゆっ・・赦さないっ!本当に赦さないからっ!」

自分には力がある・・・
人生を棒に振られたなら怖いものなど無い。

その報復を
二人に仕返すのは当然のことである。
それを脅しに
圭子と由美に画像の処理を迫ろう・・・。

美玖は追い詰められた
自分を奮い立たせて凄んで見せた。

「また暴力に訴えようとするの?」

15歳の少女とは思えない
落ち着いた声で由美は応えた。

「そ・・そうよっ!
 あ・・あんた達がそのつもりなら、
 私・・私だって、覚悟があるわ・・・!」

「ふーっ・・!
 学習能力の無い人ね、ほんと・・・。」

由美は呆れ顔をして
圭子の方を見た。

「ふっ・・筋肉馬鹿だから・・・
 しょうがないわ・・・。」

圭子も由美と視線を交え、
嘲笑の笑みを浮かべた。

「な・・なんですって・・・!」

大人びた二人の様子に
呑まれない様に美玖は二人をにらみつけ
肩をいからせた。

「ふーっ・・!
 全く、学習能力の無い人ね、ほんと。」

「・・・・・・?」

美玖の威嚇に
全く動じない二人に美玖自体が動揺した。
膝が震えるのを必死に堪え、
睨み返した。

「はん、しょうがないわね・・・。」

その視線を覗きあげるように
圭子が語り始めた。

「もう一人って、
 あなた、誰だかわかる・・・?」

「・・・?
 わ・・・わかるわけないじゃないっ!
 そっ・・それがっ!?」

「ここまで言っても判らないの?
 ・・・これだから・・・バレー馬鹿は・・・?」

自分の胸の位置にも足りない
下級生のその言葉に美玖の肩先が震えた。

「なっ・・何ですって!」

いつしか、また握り拳を作っていた。

「きゃー、怖い、
 また暴れられちゃう・・っ!」

怒りの形相を浮かべる美玖に
少しも怖じける様子を見せずに圭子が茶化す。
その姿に美玖は
とうとう拳を奮い上げた。

「いいのっ!?
 私達以外の誰かが
 あんたの超恥ずかしい写真と動画を
 ばら撒くってことっ!」

圭子が美玖の振り上げた拳を見ることなく、
美玖の顔を見つめて言い放った。

「・・・・・?!」

戸惑う美玖に
由美が言い放った。

「あんた、私達がばら撒けば、
 暴力を振るって報復するでしょ?!
 今みたいに・・・!!」

「あ・・当たり前でしょっ!」

「暴力で以って、
 私達を脅そうって
 思ってたんじゃない!?
 大方、それで画像を取り返そうって。」

思惑を言い当てられ、美玖は言葉につまった。

「ふふっ・・わからないっ!?
 あんたの知らない誰かは
 あんたのその暴力を怯えることなく、
 ばら撒けるってこと!」

「・・・・!」

衝撃が美玖の脳髄に貫いた、
同時に振り上げた拳を力なく落とした。

「わかったみたいね・・・。」

圭子が勝利に満ちた顔で
二人に暴力を振るえば、
そのもう一人の誰かが画像をばら撒くことを
得意げに話した。

「誰・・・誰に送ったの?」

「ばーか、教えるわけ無いじゃないっ!
 ほんと馬鹿じゃないのっ?!」

圭子はそういうと由美と目を合わせ
声を立てて笑った。

「ああぁ・・・。」

答えてくれる筈のないことを
美玖は尋ねる前から判っていた。

しかし聞かずには居られなかったのである。
憔悴にくれる
美玖を見つめながら、
不意に笑いを抑えた由美が呟いた。

「お仕置きが必要ね・・・。」

ビクッ・・・!

美玖の大きな身体が震えた。

「スカートを脱ぎなさいっ!」

「・・・・!」

由美の顔を美玖は見つめた。
そこには嘘でも冗談でもない、
威圧の瞳が美玖を捉えていた。

「・・あ・あの・・こ・・ここで?」

「”あの・・”じゃないっ!
 ”はいっ、由美様でしょっ”!」

美玖は絶望の淵に立たされていた。
今は由美たちの命令に従うしかない。

美玖は一瞬、周りの様子を伺った。
幸い、登校時間でもあり、
東校舎の裏庭や、
その向こうに垣間見える町並みにも
人影は見当たらなかった。

美玖は覚悟を決め、
由美の言葉を復唱した。

「・・は・・はい・・、
 由美様・・、スカートを脱ぎます。」

美玖は制服のスカートのフォックを外し、
ファスナーをゆっくりと降ろすのだった。

『苦渋の覚悟』

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あとがき

美玖ちゃんは
バレーを始める前は
どちらかというと
背が大きなことをコンプレックスにした
おとなしい女の子でした。

気丈な態度をしたとしても
それを砂上の楼閣にも似て
とても脆いのです。

頑張れ、美玖ちゃん。
おじさんは応援しているぞ!


ふぃが

プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。