FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう・・・あの時お前は・・・

収監から
9年を過ぎた頃からだった
幸絵は俺を訪ねてくるようになった

母ちゃんと俺を
こんな目に合わせやがった
憎いお前らに逢いたくもない

だが
お前はそれから1年の間
毎週のように訪れては逢わない俺に
手紙を置いていきやがった

逢いたい・・・

一体なんなんだ・・・?
お前の真意が判らなかった

お前は手紙で一切
あの事件には触れてこなかった・・・
大好きだった
母ちゃんが死んだことにも触れず


俺の出所を待っている言葉だの
励ます言葉を繰り返す手紙を送ってきやがった

そして
出所一か月前に
幸絵が置いていった婚姻届

幸絵からの婚姻届

その時俺は
初めてお前に返事を返した・・・

義春からの返事

婚姻届けを貰って判った・・・
やっぱりそうだった・・・

結婚なんて・・・
期待させやがって
危うく騙されるところだった

手紙で俺を油断させて
期待した俺を
あのくそ親父と笑うつもりだったんだ!!

破かれた婚姻届

ざまあみやがれっ!
破り捨てた婚姻届をみれば
しくじったことに気付きやがるだろう

騙されるかよっ!!

そう思った
2日後だった・・・・。

信じて良いのか・・・?

刑務所の便所で
俺は・・・
俺は・・・
何度も何度も目をこすり

再び送られてきた
手紙と婚姻届けを
何度も何度も読んだんだ

婚姻届け再び

信じていいのか・・・?

本当は
本当は・・・
逢いたかったんだ・・・この一年間

だけど期待をしたら
裏切られるのが・・・
辛い目に遭うのがわかっていたから

逢ったなら
返事を書いたなら
きっと嘲笑われる・・・

期待をしてはいけない
期待をしたなら・・・

けれど
再び婚姻届が届いたとき
俺は・・・
俺は試そうと思った

”迎えに来るんだったら
  露出たっぷりで迎えに来いっ!”

3月の雪

「よし兄ちゃあぁぁぁんっ!」

お前は・・・

お前は来やがった・・・
3月の雪の中・・・

眩しいほどに明るい笑顔を
俺に向けて手を振っていた・・・

一緒に帰ろ・・・

俺は
お前に・・・
お前に目を合わせることができなかった・・・

”待って・・・
  待って・・・
   ね・・・よし兄ちゃん待って・・・”

待ってください・・・

あまりにもお前が
余りにもお前が変わっていたから・・・

俺は・・・
俺は信じても・・・
俺は信じてもいいのか・・・?

信じていいのか・・・幸絵

俺は
俺は本当にお前のことを・・・
幸絵
俺はお前と
お前と一緒に暮らしていけるのか・・・?

俺は俺は
お前を・・・
お前のことを・・・
好きになってもいいのか・・・

本当に・・・
本当にお前のことを・・・
愛しているのに・・・

あの時お前は・・・
お前は・・・
お前は俺を・・・

それが無ければ・・・

愛の報い

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

ふぃがろ

Author:ふぃがろ
ふぃがろです。
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。